愛知県岡崎市本宿町・安城市古井町 小4~中3対象の「地域密着型」進学塾

【お申し込み・お問い合わせ】
本宿校 ☎0564-48-1331 古井校 ☎0566-74-8636
メール:kyoei@snow.ocn.ne.jp  お申込・お問合せフォーム

卒業生の声VOICE



古井校卒塾生 安祥中卒 西尾高校進学 Y・A
高校受験は想像していたよりはるかに大変で、辛く、苦しく、何度も心が折れそうになることがありました。
それでも、志望校を受験校に、受験校を母校にすることができたのは、常に私たちのことを考え、全力でサポートしてくださった先生方や家族、また、高校受験と真っすぐに向き合い、お互いを高め合ってきた仲間達のおかげです。本当に感謝しています。
ですが、高校はゴールではなく、この先の長い人生における通過点にすぎません。自分の夢に少しでも近づくことができるよう、共栄塾で学んだことを生かして、充実した高校3年間を送っていきたいと思います。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城東高校進学 M・I
僕は共栄塾に入るまでは勉強が大嫌いでした。しかし一年生の終わりに、共栄塾に入り、僕の人生の全てが変わりました。
先生方は、問題が解けたら自分のことのように喜んでくださいました。
僕が印象に残っている言葉は「勉強と思うな、人生と思え」です。この言葉は、僕の人生の名言です。先生方は、勉強はもちろんですが、あいさつや礼儀などの人としての生き方を教えてくださいました。第一志望にも受かり、本当に感謝しています。今までありがとうございました。
古井校卒塾生 安祥中卒 西尾高校進学 A・K
共栄で一番印象に残っていることは?と聞かれたら、大半の人はA1と答えるかもしれないですが、私は日々の授業が一番印象に残っています。共栄に入る前は、授業というのは、教科書をなぞっているだけの、どこかつまらないものだと思っていました。しかし、共栄で初めて授業を受けたときの衝撃は凄かったです。授業ってこんなに楽しいんだと思いました。共栄に行くのがとても楽しみになりました。他の塾の子に「塾好き?」と聞かれて「好き」と答えると、とても驚かれます。塾がつまらないとか嫌いだとか感じている子は共栄に来るべきだと思います。
私の夢は歴史に名を残すことです。まずは共栄で名を残そうと思います。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城東高校進学 S・S 
今まで共栄でやってきた2年半という勉強の集大成ともいえる高校入試が終わりました。
僕は、共栄塾でやってきた勉強にはすべて意味があったのだと理解しました。だからこそ、僕は成長することができました。学年1位が取れたのも、最後の内申44も全部共栄のおかげだと思います。ありがとうございます。
でも僕は高校の勉強の方が大事だと自覚しているので、高校部でも頑張っていきたいです。また素敵な先生方と最高な勉強環境で勉強したいと思います。これからもよろしくおねがいします。
本宿校卒塾生 東海中卒 岡崎東高校進学 H・T
僕は内申が低くて、学校の先生や友達にも「お前は厳しい」「無理だ」という言葉を何度も言われました。
しかし石黒先生は合格できると言ってくれました。
誰もそんな言葉をかけてくれる人はいなかったので励みになりました。
共栄塾がなければ、勉強せず、どうせ無理だと自分で決めつけ諦めていたと思います。
あの時塾に入ることができてよかったと思います。
僕にとって共栄塾は本当に大切な場所です。
古井校卒塾生 安祥中卒 豊田工業高等専門学校進学 Y・H
共栄塾の厳しさは他の塾の友だちの話を聞いても一つ抜けていると思います。
ですが、3年間の授業を終えた今、厳しさはそれだけ僕たちのことを考えてくださっている証拠だと思いました。
共栄塾に入塾し、いろいろな面で成長することができました。
先生方には本当に感謝しています。共栄塾に入塾してよかったです。
本宿校卒塾生 東海中卒 国府高校進学 H・H
僕は、共栄塾に入ってよかったと思います。
共栄塾では他の塾では経験することのできないさまざまな経験をすることができました。
その中でもA1とテスト勉強会が印象に残っています。A1の勉強で学んだことは、日々の勉強で生かすことができたので良かったと思います。定期テスト勉強会の勉強時間は他の塾よりも圧倒的に多かったと思います。ですが、そのことが自分の成績アップのきっかけとなり、目指す高校へ行くことができたと思います。
もし、共栄塾に入っていなかったら今の自分はないと思います。
そして、こんなにも努力をしなかったと思います。
僕は共栄塾を誇りに思います。
本宿校卒塾生 東海中卒 岡崎北高校進学 K・M
僕は小学5年生から共栄塾に通っている。
この5年間、僕は共栄塾に支えられてきた。僕がこの5年間で得た学力と精神力、そして仲間や先生方との絆は、僕のかけがえのない思い出となって、新たな一歩を踏み出す僕に勇気を与えてくれている。
共栄塾といえば、共栄ノートとA1だろう。僕はこの2つを辛いと思ったことはあっても、やめたいと思ったことは一度もない。共栄ノートは僕の努力の結晶であり、また、先生と僕たちを繋ぐ架け橋でもあった。僕は入試当日、3年間分の共栄ノートを見て自信をもらい、最後のページにかかれた先生からのメッセージを読んで、勇気づけられた。入試で良い結果をつかみ取ることができたのも、共栄ノートのおかげだと思う。
A1も辛かった。でも、このA1が僕を大きく成長させてくれた。A1は実力ではなく努力で決まる。だからA1には、心を強くする力がある。A1が無ければ、学力も精神力も、僕は身につけることができなかっただろう。「A1でしか得られないものがある」いつか先生が言ったその言葉の本当の意味が、今ならわかる気がする。
共栄塾が僕の生活の一部になってからの5年間は本当に充実していた。共栄塾に通わせてくれた家族や充実した時間をくれた先生方や仲間達には、感謝の言葉では言い表せないほどの「ありがとう」でいっぱいだ。
今までずっと見守ってくれた家族へ。辛い時も苦しい時も、一緒に戦ってくれたみんなへ。そして何より、時に僕たちをほめ、時に僕たちを叱って僕たちを希望に導いてくれた先生方へ。
心の底から、本当にありがとうございました。
 

※平成29年度卒塾生の作文より抜粋しています。