愛知県岡崎市本宿町・安城市古井町 小4~中3対象の「地域密着型」進学塾

【お申し込み・お問い合わせ】
本宿校 📞0564-48-1331 古井校 📞0566-74-8636
メール:kyoei@snow.ocn.ne.jp  お申込・お問合せフォーム

卒業生の声VOICE



本宿校卒塾生 東海中卒 岡崎北高校進学 K・I
僕は、中2の3月から共栄塾に入りました。
塾に入ってから、勉強に対する意識が変わりました。学校で出された宿題だけでなく、ワークを進めたりして、自分の空いている時間も勉強するようになりました。
また、他の子よりも遅く入った僕に対しても、先生や同級生がとても優しく接してくれました。
テスト週間や講習は、正直楽なものではありませんでした。ですが、何回かやっていくうちに、だんだんと良い点数や順位が取れるようになり、努力してよかったと思えるようになりました。
こうして第一志望校に合格できたのは、優しくて時には厳しい先生方、一緒にがんばってきた仲間、そして家族がいたからだと思っています。
共栄塾に入ることができて本当に良かったです。ありがとうございました。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城南高校進学 A・I
自分が共栄生で良かったと思うのは、共栄の先生が先生たちだったことです。
真先生の言葉は、自分のやる気を奮い立たせてくれます。真先生がいなければ、最後まで頑張れなかったと思います。
石黒先生は、言葉に重みがあります。説得力がすごく、どの言葉も大切なものでした。くじけそうな時は、毎回頭に石黒先生の言葉がありました。
杉浦先生は、自分たちを思ってくれているのがすごく伝わってくる言葉をくれました。先生の気の利いた言葉で切り替えができました。本当に共栄の先生が先生たちで良かったです。
こんな僕でしたが、約5年間支えてくれてありがとうございました。共栄のおかげで人としても成長できたと思います。本当に古井校の11期生でよかったです。今までありがとうございました。
古井校卒塾生 安祥中卒 西尾高校進学 M・O
私は中学2年生の夏、勉強に対して甘い自分を変えるために共栄塾に入りました。そして、努力をすれば成績を上げることができるということを肌で感じることができました。
もし、共栄塾に入っていなければ、西尾高校に合格することは100%ありえませんでした。
この一年間は、間違いなく今まで生きてきた中で一番濃い一年間でした。
たくさん悩んで、たくさん泣いて、もう無理だと思うことも、古井校11期生の仲間、そして先生がいたからこそ勉強の活力に変えることができました。
次の大学受験でも、そしてこれからも、共栄魂を忘れずに頑張っていきます。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城南高校進学 Y・O 
第一志望の高校に合格することも大事だけれど、本当に大事なのは、最後まで、悔いが残らないように走り切ること。先生方は、私たちにそれを何度も教えてくださいました。
その言葉を胸に、全力で走り切った後の合格発表。合格の喜びと共に、大きな達成感を味わうことができました。
辛いと思ったこともあったけど、それ以上に、共栄で得たものの方が多いような気がします。
高校生になっても、社会人になっても、共栄で学んだ努力する心を忘れずに、過ごしていきたいです。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城東高校進学 W・T
第一志望校に合格するという、中学校3年間の目標を達成することができました。いま、とても嬉しく、これからが楽しみです。
3年間を振り返ってみると、たくさんのことを乗り越えてきたなと思います。
特によく覚えているのは、共栄ノートとA1です。毎日の共栄ノートは正直辛いな、と思うこともありました。A1では、たくさんの単語や地名を覚えなければならなくて、何度も同じ単語を唱えたのを覚えています。とても大変でした。でも3年間続けてきたことが、目標を達成できた一つの理由だと思っています。
高校入試は自分の人生を自分自身の力で決める初めての機会なのでとても不安でした。でも、共栄塾の仲間と先生と目標に向かって最後まで頑張りきれてよかったです。今までやってきたことに自信をもって、これからも頑張っていきます。それから、今まで支えてくださった3人の先生方にはとても感謝していますし、尊敬しています。本当にありがとうございました。
古井校卒塾生 安祥中卒 安城東高校進学 Y・T
私は1学期の内申点が低く、「今のままだときつい」と何度も言われました。ですが、私は諦めることなく第一志望に合格することができました。それは、この一年でいろいろなことを乗り越えてきたからだと思います。共栄ノートとA1。どちらも大変で辛かった。でも毎日やり続けたノートは宝物になり、入試当日の朝に勇気をくれました。A1は、努力をすれば誰にもチャンスはある。だからこそ面白い。本当に「A1でしか手に入らないもの」というのがわかった気がします。また、自習室の利用は一番だと思います。こんなにもたくさんのことがあったから、入試に勝つことができました。一緒に過ごした家族、何よりもここまで指導してくれた先生方のおかげで合格できました。自分一人だったら叶わなかった志望校に行くことができ、心から共栄塾で良かったと思いました。
本宿校卒塾生 東海中卒 岡崎北高校進学 R・H
私がここまで成長することができたのは、共栄塾の存在というものがとても大きかったからだと思う。夜の通常授業では、学校の疲れをふきとばしてしまうくらいの楽しい授業。個別では、毎回丁寧にわかるまで教えてくれた杉浦先生。本当にどの先生にも感謝しかありません。A1や共栄ノート、全県模試など様々な辛いことがあったけれど、それらを乗り越えて第一志望にに合格することができた今があるのは共栄塾本宿校の先生とこのメンバーがいたからだと思う。
今まで本当にありがとうございました。
本宿校卒塾生 額田中卒 岡崎東高校進学 M・Y
中3の冬から入塾した私は、共栄塾での思い出はあまり多くありません。でも、共栄塾に入って良かったと思うことはたくさんあります。一つは、先生方がとても良かったということです。生徒一人一人に真剣に向き合い、寄り添う先生。豊かな発想力を持ち、授業を楽しくしてくださる先生。生徒があまり笑っていなくても、くじけずがんばる先生だったからこそ、共栄塾はとてもいい塾だったのだと思います。そしてもう一つは、生徒のみなさんが、素直で優しすぎることです。途中から入った私にみんなは嫌な顔一つ見せず、優しく接してくれました。私はあまり話せない子の名前を覚えるのが得意ではありません。恥ずかしい話、同じ部活の後輩の名前を思い出すのも難しいです。でも、共栄塾のみんなの名前は、覚えることができました。それは、みんなが私に親切にしてくれたからだと思っています。みんなには感謝の気持ちでいっぱいです。
高校に入学しても、みんなのように、知らない子に積極的に話しかけ、友達をたくさん作りたいです。また、大人になったら先生方のように、立派な人間になりたいです。
 

※平成30年度卒塾生の作文より抜粋しています。